イタリア語の発音はとっても簡単!ルールを学んで練習してみよう♪

アズサ
Ciao a tutti!!(こんにちは皆さん)

 

イタリア語を学びたい!と思ってもまずどう読むのか…そこからですよね!

 

ということで、今回はイタリア語の発音について勉強しましょう。

 

ルールは簡単なので、一度覚えてしまえば後は楽に発音できるようになりますよ~!

 

アズサ
単語の意味や読み方はこちらのページを参考にしてね!
Gli appunti delle parole – このサイトで出て来る単語一覧



イタリア語の発音ルール

基本の読み方はローマ字読み

イタリアの首都はどこでしょう?

ミーチャ
…ローマかニャ?

 

その通り!

 

ミーチャ
ほんとはミラノと迷ったニャ…

 

私たちになじみ深い「ローマ字」、ローマの名がつくだけあってイタリア語の発音はほとんどローマ字読みをしてしまって通じるんです。

 

というわけで、

「a」=「ア」、「b」=「ビ」、「se」=「セ」、「ma」=「マ」、

…という風に、見たまま読んで行けばいいんですよ。

 

例えば…

読んでみましょう!

caffè→?
latte→?

 

ポール先生
正解は・・・

caffè → カッフェ
latte → ラッテ

そう、あの聞きなれた「カフェ・ラテ」はイタリア語だったんだね~!

 

ポール先生
ちなみにス〇バなんかで聞く「マキアート」は

macchiato [マッキアート]

意味は、「染みのついた」という意味だよ!カフェの中にほんの少し、ミルクが入ってしみのようにみえることからそう呼ばれるんだよ~

 

ミーチャ
知らずにス〇バでイタリア語喋ってたニャ~♪

 

発音のルールは簡単!1パターンだけ覚えよう

では、大まかにイタリア語の発音がわかったところで、大事なルールをもう一つ。

 

イタリア語は、1文字につき1パターンの読み方しかしません。

 

どういうことかというと、例えば「a」の字を含む単語があったとしたら。

 

単語 英語の発音 イタリア語の発音
face(顔) ェイ ーチェ
farm(農場) ー(ル)ム ー(ル)ム
apple(りんご) エァップゥ ップレ

 

ポール先生
気づいたかな?イタリア語の場合、「a」と書いてあったら、それはもうどんな単語であっても、どこの場所にあっても、とにかく「」と発音するんだよ!

 

ありがたいことに、このルールに例外はありません!٩( ”ω” )و

 

だから、1文字に着き1パターン覚えればOKってわけ!!

 

それぞれのアルファベットはこんな風に読みます。

alfabeti3

イタリア語を発音するときの注意

というわけで私たち日本人にとって親切なイタリア語ですが、発音するときの注意点がいくつかあります。

 

日本人が苦手な発音「R」&「L」、「B」&「V」

これは英語とか、他の言語でもしょっちゅう言われることですが、とにかく日本人が発音し・聞き分けることが苦手な永遠のテーマですね。

 

でも、イタリア語ではハッキリ・シッカリ発音することが大事!!

 

苦手でも、なるべくできるように、ちょっとずつ練習していきましょう。

 

「R」と「L」

ポール先生
「L」は舌の先が上の歯の裏側についていて、「R」はいわゆる巻き舌!舌の先はどこにもつかず、口の中で丸まっている感じだよ

 

私たちは普段無意識に発音していますが、日本語の「ら行」は、イタリア語でいう「R」と「L」のちょうど中間あたりの音ですね。

 

だから日本語の単語をローマ字表記すると、すべて「R」を使いますが、実際に発音するときは「L」よりの音を出していることもあります。

 

例えば…

Rの発音 Lの発音
たろう(太郎) リンク(Link)
ろうそく ランプ
るすばん レンジ
るりいろ(瑠璃色) さようなら

 

ちょっと、実際に声を出して発音してみてください!「るりいろ」なんてほぼ舌がどこにもつかないと思います。まさに「R」。

 

アズサ
賛否両論あるかもしれませんが、私の感覚的にはこんな感じです

 

ミーチャ
ミーチャは巻き舌ができないニャ…

 

そんな方は、がんばってマスターしましょう!「るるるるるる・・・・・」ってなるべく速く言おうとがんばってると、そのうち舌が巻いてきますよ~(たぶん)。

 

「B」と「V」

それから、「B」と「V」の発音ルールも本当に難しいですね…

 

「B」は普通の日本語の「バ行」の発音、「V」は下唇に上の歯の先を当てる感じの発音なので、文字で書くと「ヴ」って感じでしょうか…

 

ポール先生
水の都Veneziaは、読んだら「ヴェネツィア」という発音がイタリア語の発音に近いよ

 

読まない「H」

イタリア語の単語には「H [アッカ]」の入るものがありますが、基本的に発音しません。

 

ポール先生
動詞「avere[アヴェーレ]:持っている」を活用したときの形(一部)は、
ho→オ、hai→アイ、ha→ア、hanno→アンノ
となるよ~

 

ちなみに、それ以外にhのつく単語は、ほとんど英語などの外来語から来ています。

 

例:
hamburgher [アンブルゲル]:ハンバーガー
handicap [アンディカップ]:ハンディキャップ
hobby [オビー]:趣味、ホビー

 

「イタリア語」に存在しない音

J, K, W, X, Yの5つの字は外来語(英語、ドイツ語、フランス語、ラテン語ほか、もちろん日本語も)だけに使います。

 

なので、これらの字が入っている場合は、その言葉はイタリア語オリジナルのものではないため、原語の発音に近い言い方を採用します。

 

ポール先生
ちなみにアルファベットの読み方は、それぞれ
J=イルンゴ
K=カッパ
W=ドッピォヴ
X=イクス
Y=イプスィロン
となるよ!

 

実際の音声で確認してみよう!

それではイタリア語のアルファベットの発音、A~Zまでの音声と、それぞれを使った単語の発音を聞いてみましょう!

 

これはイタリア人の子ども向けの動画ですが、ゆっくりはっきり発音してくれるので、とても聞き取りやすいですよ!

 

ポール先生
Allora, in bocca al lupo! [アッローラ、イン ボッカ アル ルーポ]!
アズサ
これは直訳したら「オオカミの口の中へ!」となるんですが、試験などの前にがんばって!と励ますときに使う決まり文句です♪ちなみにalloraはでは、とかじゃあ、とかいう感じの意味です

 

がんばって聞き取ってみて、スペルが正しかったかどうかは単語一覧表のページで確認してみてくださいね。

ミーチャ
がんばって全部言えたニャー!!

 

イタリア語の発音ルールまとめ

  • イタリア語の基本はローマ字読みでOK!
  • 1文字の読み方は1パターンだけ覚えるべし
  • RとL、BとVの発音の違いに注意。しっかり練習しよう!
  • Hは発音しない
  • J、K、W、X、Yは外来語の読み方をそのまま使う

 

アズサ
それじゃあ、また。
A presto!!

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です